1. 情報教育環境ナビゲーションホーム
  2. サービス
  3. サイトライセンスソフトウェア利用

サイトライセンスソフトウェア利用

サイトライセンスソフトウェア利用(学生)

 本学では、マイクロソフトと締結している教育機関向け総合契約(EES Microsoft Enrollment for Education Solutions)に基づき、学生サービスと情報コンプライアンスの強化を目的として、学生に対しマイクロソフトのソフトウェアライセンスを提供しています。
在籍中の学生は個人で所有するコンピュータにおいて、常に最新バージョンのOffice製品やWindows OSを使用することができます。

 また、教育用ソフトウェアとして情報教室やPCコーナーに導入しているソフトウェアの中で、大学がサイトライセンスの契約を締結しているソフトウェアについては、ソフトウェアダウンロードシステムから無償でダウンロードもしくはメディアの貸出が可能です。
 学部・研究科生が個人で購入し所有するパソコンにインストールすることができますので、学生の方は、下記の要領をご覧ください。

対象ソフトウェア

ソフトウェア名対応OS備考
Microsoft OfficeWindows/Mac詳細はこちら
Microsoft Windows OSWindows(アップグレードライセンス)
SASSAS Institute Japan株式会社Webサイト※ライセンスの更新が毎年必要です
※経済学部・研究科生または文化情報学部・研究科生のみ利用可能
IBM SPSS statistics/Amos日本IBM社Webサイト※ライセンスの更新が毎年必要です
MatlabMathworks社Webサイトインストールマニュアル参照[PDF 1.3MB]
ライセンス更新マニュアル参照[PDF 1.7MB]
※ライセンスの更新が毎年必要です
MapleCybernet社Webサイト※ライセンスの更新が毎年必要です
Wolfram Alpha ProWolfram Alpha WebサイトWolfram Alpha Proの登録方法(2019年5月9日修正版)
[PDF 1.5MB]

利用対象者

学部・研究科生
正規学生に限ります。
科目等履修生、聴講生、委託生、特別留学生、交流生、研修生、研究生、単位互換生は対象外です。

ライセンス利用許諾の対象となるパソコン

学部・研究科生(正規学生)が個人で購入し、所有するパソコン

入手方法

Microsoft Windows OS、Microsoft Officeの利用


Office製品をインストールする場合

Office製品のインストールには、『Office365ProPlus』を利用してインストーラーをダウンロードする方法と、『Microsoft社ソフトウェア購入サイト』からダウンロードする方法の2種類の方法が選択できます。どちらも無料で、インストールできる製品(Word/Excel等)も同じです。

※Office無しのPCを購入された新入生の方は、『Office365ProPlus』を利用してインストールされることを推奨します。Office365ProPlusの利用方法を紹介した『パソコン利用者講習会』も4月に開催します。是非参加してください。パソコン利用者講習会についてはイベントを確認してください。

Microsoft Windows OSをインストールする場合

『Microsoft社ソフトウェア購入サイト』からのみインストールできます。
※Microsoft Windows OSはアップグレードライセンスのため、新規にWindowsをインストールすることはできません。既にWindowsOSがインストールされているコンピュータにのみ、インストール可能です。

『Office365ProPlus』と『Microsoft社ソフトウェア購入サイト』の違いについて


 Office365ProPlusMicrosoft社ソフトウェア購入サイト
サイトURLWebシングルサインオンから「Office 365」を選択https://doshisha.onthehub.com/
インストールできる製品・Office スイート製品 最新版
(Word/Excel/PowerPoint/Access/Outlook
One Drive for Business/OneNote/Publisher)
※Office無しのPCを購入された新入生の方にはOffice365ProPlusの利用を推奨します。
・Office スイート製品 最新版
(Word/Excel/PowerPoint/Access/Outlook
One Drive for Business/OneNote/Publisher)
・Windows OS 最新版
 (※ただしアップグレード権のみ)
インストール可能台数1人あたり5台のPC、5台のタブレット、
5台のスマートフォン(合計15台)まで
1人あたり1台のPCのみ
卒業後の利用利用できません在学時にインストールしたPCについては、卒業後も利用可能です。
ただし、卒業後に新しいPCにインストールし直したり、ソフトウェアをアップグレードすることはできません。
認証方法インターネット経由で30日に1度ライセンスの確認が行われます。
ライセンスはユーザに関連付けられます。
インストール時、または初回起動時にプロダクトキー等の入力が求められます。ライセンスはディバイスに関連付けられます。
料金無償無償
(※ただし、各種オプションを追加する場合には、料金が発生します。各種オプション詳細については『Microsoft社ソフトウェア購入サイトオプション体系(学生)』Microsoft社ソフトウェア購入サイトオプション体系(学生)2018年4月現在[PDF 47KB]を確認してください。)

『Office365ProPlus』の利用方法・利用マニュアル

O365ProPlusインストールマニュアル

情報教育環境ガイドブック3章4節『Office365 Microsoftソフトウェアの利用』のP.060~P.064にも掲載されています。利用上の注意事項を確認した上、ご利用ください。

Office365に関しては下記にお問い合せください。
  日本マイクロソフト Officeインストールヘルプデスク
  TEL :03-4530-6175(受付時間 10:00-17:00 土日祝日、休業日を除く)
  Mail :msos@microsoft.com

『Microsoft社ソフトウェア購入サイト』の利用方法・利用マニュアル


情報教育環境ガイドブック3章9節『サイトライセンスソフトウェア利用』P.074~P.075にも掲載されています。利用上の注意事項をご確認の上、ご利用ください。

Microsoft社ソフトウェア購入サイトに関しては下記にお問い合わせください。
 Kivutoカスタマーサポート(日本語可。返答は翌営業日以降。)
 Mail :support@kivuto.com

製品およびオンライン サービスの使用条件

製品およびオンライン サービスの使用条件は、Microsoft社の製品およびオンラインサービスの使用条件に準じます。https://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/product-licensing/products.aspx

SAS、IBM SPSS、Maple の利用

オンラインにて申請・ダウンロードが可能です。SSO ログインページから「ソフトウェアダウンロードシステム」にアクセスください。macOSにも対応しています。

ソフトウェアダウンロードシステム操作マニュアル
(各種ソフトウェア自体のインストールマニュアルはソフトウェアダウンロードシステム内に掲載しています。)

※SASについては現在準備中のため、従来通りITサポートオフィス窓口までお越しください。

利用上の注意

  • IBM SPSS ・SAS・Maple全て、年度毎のライセンスのため、年度毎に申請いただきライセンスを更新していただく必要があります。
  • 卒業・修了および退学するなど本学から籍が無くなった時は、必ずアンインストールしてください。
  • 本サービスで導入したソフトウェアをインストールしているパソコンを廃棄する場合は、必ずアンインストールしてください。
サイトライセンスソフトウェア利用(専任教職員)

大学がサイトライセンス契約を締結してるソフトウェアについては、無料または安価に購入できます。
一部のソフトウェアにおいては、私費購入の個人PCにもインストールできます。

ソフトウェア毎に、公費購入のパソコンやサーバにのみインストール可能なもの、学内ネットワーク内でのみ利用可能なもの、私費購入のPCにもインストール可能なものなど、使用条件が異なりますのでご注意ください。
詳細は各種ソフトウェア利用条件および入手方法[PDF 117KB]をご確認ください。

専任教職員の方は、下記要領をご確認ください。

対象ソフトウェア

  • Microsoft Windows OS
  • Microsoft Office(Word,Excel,Power Point,Access,Publisher)
  • Microsoft Visio
  • Microsoft Visual Studio
  • インテル Parallel Studio XE 2016 Composer Edition for Fortran Windows
  • IBM SPSS/Amos
  • SAS
  • Stata
  • PTC Creo
  • Maple
  • MATLAB
  • Auto CAD
  • Symantecウイルス対策ソフト

申請方法

1.ソフトウェアダウンロードシステム

オンラインにて申請・ダウンロードが可能です。SSO ログインページから「ソフトウェアダウンロードシステム」にアクセスください。macOSにも対応しています。

ソフトウェアダウンロードシステム操作マニュアル
(各種ソフトウェア自体のインストールマニュアルはソフトウェアダウンロードシステム内に掲載しています。)

2.窓口受付

各ソフトウェアの32bitバージョン、Linux版については、窓口貸出のみとなります。(提供があるソフトウェアのみ)
また、現在ソフトウェアダウンロードシステムは提供可能なソフトウェアが限定されております。
ソフトウェアの「選択」ボタンがグレーアウトしている場合、ダウンロードして頂くことができません。
ダウンロード不可のソフトウェアをご希望の方は、窓口にてメディア貸出をさせて頂きます。

「サイトライセンスソフトウェア利用申請書」に必要事項をご記入のうえ、「ITサポートオフィス窓口」までご提出いただくか、または 電子メール でご送付ください。

申請書類
各種申請書から「サイトライセンスソフトウェア利用申請書」をダウンロードしてください。

提出先
ITサポートオフィス窓口 または 電子メール 添付ファイルで送付
【注意】Microsoft Windows OS、Microsoft Officeをご利用の場合

公費で購入したPCにインストールする場合
  • 大学所有のPC(個人研究費等大学の公費で購入した)PCで利用する場合は、台数に制限なく、無償でインストールすることが可能です。原則SSO ログインページから「ソフトウェアダウンロードシステム」を選択し、必要なソフトウェアをダウンロードしてください。インストールメディアが必要な場合は、両校地ITサポートオフィスでメディアを貸出しています。
  • 学内サーバでの認証のため、定期的(月に1回程度)に学内ネットワークに接続している必要があります。
  • 学外で利用される場合、または私費で購入されたPCにインストールされる場合は下記の「私費で購入したPCにインストールする場合」をご確認ください。

私費で購入したPCにインストールする場合
私費で購入したPCにインストールする場合、およびご自宅や出張先等、学外にてソフトウェアを利用される場合は、用途に合わせてご選択ください。

Office製品をインストールする場合

Office製品のインストールには、『Office365ProPlus』を利用してインストーラーをダウンロードする方法と、『Microsoft社ソフトウェア購入サイト』からダウンロードする方法の2種類の方法が選択できます。

Microsoft Windows OSをインストールする場合

『Microsoft社ソフトウェア購入サイト』からのみインストールできます。
※Microsoft Windows OSはアップグレードライセンスのため、新規にWindowsをインストールすることはできません。既にWindowsOSがインストールされているコンピュータにのみ、インストール可能です。

『Office 365 ProPlus』と『Microsoft社ソフトウェア購入サイト』の違いについて


nbsp;Office 365 ProPlusMicrosoft社ソフトウェア購入サイト
サイトURLhttps://portal.office.com/https://doshisha.onthehub.com/
インストールできる製品・Office スイート製品 最新版
(Word/Excel/PowerPoint/Access/Outlook
One Drive for Business/OneNote/Publisher)
・Office スイート製品 最新版
(Word/Excel/PowerPoint/Access/Outlook
One Drive for Business/OneNote/Publisher)
・Windows OS 最新版
 (※ただしアップグレード権のみ)
インストール可能台数1人あたり5台のPC、5台のタブレット、
5台のスマートフォン(合計15台)まで
1人あたり1台のPCのみ
退職後の利用利用できません在職時にインストールしたPCについては、退職時にアンインストールしてください。
認証方法インターネット経由で30日に1度ライセンスの確認が行われます。
ライセンスはユーザに関連付けられます。
インストール時、または初回起動時にプロダクトキー等の入力が求められます。ライセンスはディバイスに関連付けられます。
料金無償有償
(※各種オプションを追加する場合には、追加で料金が発生します。詳細については『各種オプション詳細について[PDF 47KB]』を確認してください。)

『Office 365 ProPlus』の利用方法・利用マニュアル

O365ProPlusインストールマニュアル

情報教育環境ガイドブック3章4節『Office 365 Microsoftソフトウェアの利用』のP.060~P.064にも掲載されています。利用上の注意事項を確認した上、ご利用ください。

Office365に関しては下記にお問い合せください。
  日本マイクロソフト Officeインストールヘルプデスク
  TEL :03-4530-6175(受付時間 10:00-17:00 土日祝日、休業日を除く)
  Mail :msos@microsoft.com

『Microsoft社ソフトウェア購入サイト』の利用方法・利用マニュアル


情報教育環境ガイドブック3章9節『サイトライセンスソフトウェア利用』P.074~P.075にも掲載されています。利用上の注意事項をご確認の上、ご利用ください。

Microsoft社ソフトウェア購入サイトに関しては下記にお問い合わせくだい。
 Kivutoカスタマーサポート(日本語可。返答は翌営業日以降。)
 Mail :support@kivuto.com

製品およびオンライン サービスの使用条件

製品およびオンライン サービスの使用条件は、Microsoft社の製品およびオンラインサービスの使用条件に準じます。http://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/product-licensing/products.aspx

【注意】「Windows OS」「Office for 2016」「Office for Mac 2016」のインストールについて

マイクロソフトのサービスについて
Microsoftの多くのサービスでは、「プライバシーに関する声明」の規程に従って、利用者の個人情報(利用履歴やコンテンツ)が収集されます。利用者はMicrosoft アカウントもしくは Skype アカウントを作成するか、Microsoft社のサービスを使用することにより、「Microsoft サービス規約」「プライバシーに関する声明」に同意したものとされます。以下の文書を確認の上ご利用ください。

Windows10のご利用にあたって
Windows10をインストールする際には必ず事前にこちらを確認してください。
【注意】Symantec Endpoint Protection のシステム要件について

現在、ソフトウェアダウンロードシステムで提供しておりますウイルス対策ソフトは、Symantec Endpoint Protection 14 MP2(以下SEP)です。
SEP 14 MP2のシステム要件については、Symantec社ホームページ(外部サイト)をご確認ください。

その他ご不明な点はITサポートオフィスまでお問い合わせください。
【注意】SPSS/Amos、SAS、PTC Creoをご利用の場合

SPSS/AmosおよびSASについては、ライセンスキー等の更新が毎年必要になります。継続してお使いいただく場合でも、年度初めに毎年度申請してください。

PTC Creoは3年毎にライセンスが更新されます。ライセンス更新には、インストールする端末のMACアドレスが必要です。

お問合せ先

お問い合わせ

ITサポートオフィス(京田辺)

TEL:0774-65-7230

ITサポートオフィス(今出川)

TEL:075-251-4567