リプレースによる変更点・注意点

ネットワーク・ITインフラ環境について

ネットワーク環境について


・ネットワークの高速化
 オンライン授業など増加する通信量に対応し、快適なネットワーク環境を整備します。
 - インターネット接続を80G
 - ネットワーク基幹部分のALL40G化

・無線LAN環境の改善
 - 最新規格であるWi-Fi6に対応します。

多要素認証の導入について

近年、ユーザIDやパスワード情報が悪意ある第三者に漏洩、窃取されたために不正アクセスされ、個人情報等の機密情報が流出するようなセキュリティ事故が多発しています。これまではユーザIDとパスワードによる利用者認証の方法が広く使われてきましたが、複数の要素を用いて本人確認を行う多要素認証の導入が社会全体で急速に普及しており、本学でもセキュリティを高めることを目的として、Webシングルサインオンサービス、DUET、e-class等の各種システムの利用にあたり全ユーザを対象に多要素認証を導入します。

多要素認証の方法としては、これまでに利用していた社員証・学生証の裏面に印字されているマトリクス認証やOTP(ワンタイムパスワード)認証を廃止し、より操作性に優れ、利便性の高い①イメージングマトリクス②プッシュ通知③FIDOの3種類から選択して利用可能となります。

※実際の画面遷移イメージは下記の図のようになります。
SSO画面遷移


多要素認証に関する詳細はリプレースによる認証方法の変更についてをご確認ください。
※英語版資料は下記の資料をご参照ください。
(Please refer to below for the instruction in Engish)
English_Ver.pdf[PDF 393KB]


情報教室・PCコーナーの環境について

パソコン

・Windows®11 Enterpriseを採用予定です。
・VDIによる仮想PC接続サービスは廃止し、リモートデスクトップによる遠隔PC接続サービスを整備します。
・CALLシステム「CaLabo®EX」Ver.9.2にバージョンアップ予定です。
 詳細はCHIeru株式会社のWebサイトをご覧ください。
・授業支援システム「Wingnet®」に代わり、「CaLabo®LX」を導入いたします。
 詳細はCHIeru株式会社のWebサイトをご覧ください。

プリンタ

・リプレース後の複合機にコピー機能が追加されます。
・DoKoDeMoプリンタについて、一部操作方法が変更となります。
 操作マニュアルについては後日掲載予定です。