同志社大学 ITサポートオフィス 情報教育環境ナビゲーション

利用規程・申合せ

情報環境利用者認証に関する要綱

2009年4月1日
2015年2月28日
2019年3月30日
改正 2019年5月16日

(目的)

第1条 この要綱は、同志社大学が整備する情報環境(以下「情報環境」という。)の利用における利用者認証について定める。

(定義)

第2条 この要綱において、「情報環境」とは、次のとおりとする。
(1) 同志社大学学術情報ネットワーク及びネットワーク上の各種サービス
(2) 情報教育施設(情報教室、PCコーナー他、教育支援機構が整備した施設機器群)
(3) 図書館情報システム、教務システム、財務システム等の業務情報システム
(4) その他、学生・教職員を対象としたサービスで、全学情報セキュリティ統括責任者(Chief Information Security Officer)(以下「CISO」という。)が利用者認証システムの情報利用を認めたサービス
2 この要綱において、「アカウント」とは、情報資源を利用できる権利及び利用者が自らの利用権限を証明するためのID、パスワード、生体認証情報等をいう。

(利用者)

第3条 利用者認証システムを利用し、情報環境を利用できる者は、次のとおりとする。
(1) 同志社大学専任教職員
(2) 授業を担当する嘱託講師他、非専任教職員
(3) 同志社大学学生及び大学院生
(4) その他、CISOが認めた者

(アカウントの交付・利用停止)

第4条 本学の情報環境を利用しようとする者は、以下の手続きに従い、利用者としてのアカウントの交付を受けなければならない。

専任教職員入社時に、アカウントを交付する。
嘱託講師委嘱が確定した段階で、アカウントを交付する。
他非専任教員所属長の申請に基づき、アカウントを交付する
学部学生及び大学院生入学時に各学部・研究科長の申請に基づき、全員にアカウントを交付する。
非専任職員所属長の申請に基づき、アカウントを交付する。
その他アカウント利用の責任者となる本学教職員の申請に基づき、交付する。


2 教職員は、その籍を失った段階で利用を停止する。
学生は、その籍を失した時点で利用を停止する。ただし、同一学生が課程を超えて継続利用する場合は、別途措置する。
嘱託講師は、その委嘱期間が終了した時点で利用を停止する。ただし、複数年にわたり委嘱が継続する場合は、同一アカウントを継続して利用できるものとする。
3 年度の途中で情報環境の利用を必要としなくなった者は、速やかに所定の手続きにより、CISOに届け出なければならない。

(アカウントの取消・利用停止)

第5条 CISOは、この要綱に違反あるいは本学情報環境の運営に重大な支障を与えた者に対し、アカウントの取消又は一定期間の利用停止措置をとることができる。

(利用対象者の制限・手続き)

第6条 本アカウントの交付を受けたものが、本学が提供する各種情報施設、サービスを利用する場合は、それぞれの施設及びサービスごとに定められた利用対象者の制限や利用申請手続き等に従うものとする。

(利用の停止)

第7条 利用者認証システムの保守等により、利用を停止することができる。

(雑則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、情報環境の利用者認証に関する必要な事項は、CISOがこれを定める。

(部長会の了承)

第9条 CISOが行う第2条第1項第4号、第3条第4号、第5条及び第8条の決定は、部長会の了承を得るものとする。

(事務)

第10条 この要綱に関する事務は、総務部情報企画課が取り扱う。

(改廃)

第11条 この要綱の改廃は、部長会の審議を経て、学長が決定する。

附則

1 この要綱は、2019年5月16日から施行する。
2 第3条第4号により認められた名誉教授の電子メールサービス利用にともなう情報環境の利用者認証に関する必要事項は、別に定める。