ICカード

ICカードについて

今日、教育・研究活動の深化・発展には情報通信技術の効率的な活用が必要不可欠ですが、他方で、利便性追求のみならず、情報セキュリティ水準を高めることも求められます。
本学では、2011年度より学生証、および教職員の社員証・身分証・利用者証にICカードを導入し、セキュリティを確保すると同時に、利用者の利便性向上も図っています。

ICカードの構成・概要

本学の学生証・社員証・身分証・利用者証は、ICカードの機能を備えています。
ICカード裏面左下には、マトリクス認証用乱数表がついており、Webシングルサインオンの個人認証をよりセキュアに行うことを実現しています。また、同志社生活協同組合のプリペイド方式の電子マネー利用の他、証明書等自動発行機や施設入退館への利用等、様々な用途展開をしています。
学生証・社員証・身分証・利用者証は、本人認証のための重要なカードです。紛失したり、盗難に遭ったりしないよう、管理には十分注意してください。また、他人に貸与したり、譲渡することのないようにしてください。

ICカードを利用するサービス

Webシングルサインオンサービス

Webシングルサインオンサービス

同志社大学 Webシングルサインオンサービスログインページ
同志社大学 Webシングルサインオンサービス

証明書発行・各種手数料等納入・プリント課金上限値加算

1)
証明書発行機能
ICカード(学生証)に搭載している生協電子マネーによる決済機能により、証明書自動発行機で生協電子マネーを事前にチャージすることで、 ICカード(学生証)のみで証明書を発行することが可能です。また、現金による決済も可能です。

2)
各種手数料等納入機能
各種手数料等は、証明書自動発行機にて納入することができます。生協電子マネーまたは現金決済後に証明書自動発行機から出力される書類には、氏名や学生ID等が印刷された「申請書」形式のものと、申請書等に添付する「納入済証」形式のものとがあります。

3)
プリント課金上限値加算機能
情報教室などのパソコンからプリント出力する場合のプリント課金上限値の加算手続きは、証明書自動発行機にて必要分を納入することにより行うことができます。

DUET成績評価入力(教員対象)

DUETは、ICカード(社員証・身分証・利用者証)およびユーザIDで利用することが可能です。採点機能ご利用時は、マトリクス認証もしくはワンタイム・パスワード認証が必要です。詳細は、期末試験前に教務部より送付される「採点依頼」をご確認ください。

一般教室AVシステムのキーレスエントリー(教員対象)

ICカード(社員証・身分証・利用者証)で教室のAVシステムを起動できるキーレスエントリーを採用しています。教壇中央に設置しているマイク卓も連動してご利用いただけます(注:マイク卓上のカードリーダでは、ICカードのご利用はできません)。 対象教室は、一般教室AVシステムをご参照ください。
お問い合わせ先
 ITサポートオフィス(情報支援課情報支援係)
   今出川:寧静館2F(TEL:075-251-3840)
   京田辺:情報メディア館1F(TEL:0774-65-7230)

お問い合わせ窓口

身分カード
種別
紛失時の再発行・
利用停止、拾得したとき
生協電子マネー
について
学生学生証所属の各キャンパス教務センター
又は学部・研究科事務室
生協組合員センター
TEL:075-251-4430
教職員社員証人事企画課
TEL:075-251-3010
身分証
利用者証ITサポートオフィス
(良心館B1F)

TEL:075-251-4567
紛失による再発行、停止を行う場合、生協電子マネーの利用停止は、別途生協組合員センターへの連絡が必要です。