こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 情報教育環境ナビゲーションホーム
  2.  > サービス
  3.  > eduroam(組織間無線LAN)

eduroam(組織間無線LAN)

国際無線LANローミング基盤であるeduroam(エデュローム)に加盟しております。
ヨーロッパのTERENAにおいて開発された認証連携技術によって、利用者が所属機関のアカウントを使って他機関の無線LANインフラを利用できるようになります。(eduroamシステムを運用している他機関のネットワークへ同志社大学のアカウントを利用して接続すること、本学のネットワークへ他機関構成員が所属機関のアカウントを利用して接続することが可能となります。)
eduroam による大学間無線LAN連携によって、教職員・学生の大学間移動に対応し、先進的な教育・研究環境の創成が期待されます。
eduroam

1.同志社大学アカウントを利用して他大学などでeduroam接続する場合

eduroam接続のための事前設定を行う

eduroamシステムを利用するには、接続時の認証方式をEAP-TTLSとする設定が必要です。
接続手順についてはマニュアルをご参照ください。

eduroam接続マニュアル

eduroamシステムを利用する上での注意
eduroamシステムを運用している機関のポリシーやネットワーク構成によっては、利用できるサービスが制限されていることがあります。VPN接続のみを認めている機関も多いため、事前に訪問先の状況をご確認ください。

VPN接続
VPN接続マニュアル

2.他機関の構成員が同志社大学でeduroam接続する場合

SSID「eduroam」に接続してご使用ください。
本学ではNII eduroam JPが確保を求めているサービス(プロトコル)のみ開放しております。他のサービス(プロトコル)を利用するには、VPN接続をお願いします。他のサービス(プロトコル)を利用するには、VPN接続をお願いします。
本学内でeduroamの使用が可能な箇所は無線LAN接続可能エリアと同じです。
無線LAN接続サービス
また、学会を行う際など、その他の教室でeduroamを利用になりたい場合には、 ITサポートオフィス までご相談ください。
(※使用方法については所属組織にご確認ください)