同志社大学 ITサポートオフィス 情報教育環境ナビゲーション

利用規程・申合せ

学術情報ネットワークシステム利用要綱

1994年4月1日
2001年3月18日
2003年3月13日
2004年3月11日
2007年7月26日
2008年3月13日
2009年4月 1日
2015年2月28日
改正 2019年3月30日

目的

第1条
同志社大学学術情報ネットワークシステム(以下「ネットワーク」という)の運用および管理についてはこの要綱の定めるところによる。

構成

第2条
この要綱に定める「ネットワーク」とは、以下のデータ通信にかかわる装置・設備および関連事項をいう。
  1. 基幹系統およびその管理機器
  2. 学内の建屋内に配置した配線、情報コンセント及び無線LANアクセスポイント
  3. 校地間接続および外部機関との接続に利用する機器
  4. その他、IPアドレス、通信プロトコル等のデータ通信に関連する事項

接続

第3条
「ネットワーク」に機器を接続できる者は、次のとおりとする。
  1. 本学教職員
  2. その他、全学情報セキュリティ統括責任者(Chief Information Security Officer)(以下「CISO」という)が認めた者

接続の承認

第4条
「ネットワーク」に機器を接続しようとする者は所定の申請書をCISOに提出し、その承認を受けなければならない。
承認事項に変更が生ずる場合、変更申請書を提出し、承認を受けなければならない。
機器接続の承認を得た利用者に対し、必要なIPアドレスを付与する。

利用者

第5条
ネットワーク接続機器から「ネットワーク」を利用できる者は次のとおりとする。
  1. 本学教職員
  2. 本学学生
  3. その他、CISOが認めた者
なお、第2号の利用者については、別に定める「学術情報ネットワークシステム利用規準」による。

経費

第6条
「ネットワーク」の利用にかかわる料金は徴収しない。
機器の接続にかかわる経費については、利用者が負担するものとする。

遵守事項

第7条
機器設置者および利用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。
  1. 学術研究及び教育利用、事務利用以外の目的に「ネットワーク」を利用しないこと。
  2. 通信の秘密を侵害しないこと。
  3. 「ネットワーク」の運用に支障を及ぼすような利用を行わないこと。

システムの停止

第8条
CISOは、以下の各号に該当する事態があった場合、「ネットワーク」システムの部分的あるいは全面的な停止を行うことができる。この場合、利用者に事情を説明するとともに、事態が改善された場合、速やかに利用再開の措置をとる。
  1. 第7条の遵守事項に反する行為のあった場合
  2. 本学のシステムが外部のネットワーク組織に重大な損害または不利益を与えた場合
  3. システムの保守作業が発生する場合
  4. その他、CISOが特にその必要を認めた場合

運用管理

第9条
この要綱に定めるもののほか、「ネットワーク」の運用および管理に関する必要な事項は別に定める。

要綱の改廃

第10条
この要綱の改廃は、部長会の審議を経て、学長が決定する。

附則

  1. 第3条及び第4条に関わらず、学内の情報コンセント及び無線LANアクセスポイントを利用し、「ネットワーク」へ一時的に接続する場合及び、本学が提供する仮想接続網を利用して一時的に接続する場合には、個別接続許可を省略することができる。
  2. この要綱は、2019年4月1日から施行する。