こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 情報教育環境ナビゲーションホーム
  2.  > ご利用にあたって
  3.  > 利用規程・申合せ
  4.  > メーリングリスト利用上の注意

利用規程・申合せ

メーリングリスト利用上の注意

2003年4月1日
改正 2009年4月1日
情報企画課
メーリングリストは、「メーリングリスト利用要領 第2条」にもとづき、電子メールを利用して、特定の話題について複数のユーザが情報を交換するために利用するものである。メーリングリスト参加者は、電子メールを媒体としたコミュニケーション手段の一つとしてメーリングリストシステムを理解し、利用の際にはネットワーク利用に関するマナーに充分留意する必要がある。

  1. 設置責任者は、サーバの利用に関して責任を持つと同時に、メーリングリストを通じて交換される内容に対する一切の責任を負うものとする。

  2. 全学統括責任者は、「メーリングリスト開設申請書」(以下「申請書」という。)の提出にもとづきメーリングリストアドレス、管理者用画面のURL、ログイン用アカウントとパスワードを設置責任者に交付する。これらのものは、1申請につき各1つとし、原則として申請書提出の3日後に交付する。
    メーリングリストアドレスは、「メーリングリスト名@ml.doshisha.ac.jp」とする。ただしメーリングリスト名は、原則として申請にもとづき全学統括責任者が定める。
    複数の運用担当者が共同してリストの運用を行う場合、設置責任者は、管理者用アカウントおよびパスワードに関する管理体制を明確にすること。

  3. メーリングリストの設置は、当該年度に限って認める。ただし、定められた更新手続きを行うことにより、設置を継続できる。

  4. メーリングリスト参加者として登録できる者は、次のとおりとする。
    (1)本学専任教員
    (2)本学専任職員
    (3)
    本学専任教員が指導する科目の登録者※
    ※本学専任教員が指導する科目の登録者には、他大学の学生も含むことができる。
    (4)本学専任教員が研究代表者を務める共同研究グループの参加者
    (5)その他、全学統括責任者が認めた者

  5. メーリングリスト上で交換された情報(コンテンツ)のバックアップ等については、設置責任者が管理するものとする。

  6. 1メーリングリストあたりのメーリングリスト参加者数は、原則として100名を上限として利用を認める。

  7. メーリングリストの利用は、メーリングリスト参加者のみとする。

  8. 1通あたりのメール容量は、1MBを上限とする。なお、1人あたりのメールサーバ領域を十分考慮して、メール送信を行うこと。

  9. メーリングリスト内での情報交換において、以下にあげるような著作権の侵害その他、法的に問題となるものや、ネットワーク上のマナーに反する行為、教育研究を目的とした学術情報ネットワークの趣旨に反する情報の交換は、一切禁止する。また、「メーリングリスト利用要領 第10条」および設置責任者によって定められた運用規約を遵守すること。
    1.本人の同意なくメールアドレスを収集すること
    2.誹謗中傷、脅迫、嫌がらせ、セクシャルハラスメント行為
    3.各メーリングリストごとに定めた利用目的に関連のないテーマの投稿・配信
    4.著作権者の許諾を得ていないコンテンツの投稿・配信
    5.メーリングリスト内でメンバーを募集すること

以上