こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 情報教育環境ナビゲーションホーム
  2.  > ご利用にあたって
  3.  > ICカード(Q&A:非専任教員)

ICカード

Q&A(非専任教員)

Q.
ICカードの取り扱いで注意することはありますか。(2017.4.1)
A.ICカードは個人に対して交付しており、カードには重要な情報が保存されています。他人への貸与や譲渡は絶対にやめてください。また、紛失や盗難にもご注意ください。
破損や故障の原因になりますので、ICカードを曲げたり、大きな圧力を加えたりしないでください。
Q.
ICカードを紛失しました。再発行はどうすればよいでしょうか。(2017.4.1)
A.ITサポートオフィス にて再発行の手続きをしてください。再発行には再発行料2,000円が必要です。証明書自動発行機にて2,000円を納入し「利用者証再交付願兼納入済証」を入手していただき、運転免許証、パスポートなどの身分証明書と共にご持参ください。
なお、生協電子マネーをご利用の場合は、同志社生協組合員センター(TEL:075-251-4430)へも、別途ご連絡が必要です。
Q.
ICカードの再発行を申請したいのですが、すぐに窓口に行けません。どうすればよいでしょうか。(2017.4.1)
A.速やかに再発行手続きができない場合は、カードの不正利用防止のため、まずはITサポートオフィス に連絡し、利用停止の申請をお願いします。なお、生協電子マネーをご利用の場合は、同志社生協組合員センター(TEL:075-251-4430)へも、別途連絡してください。
Q.
ICカードを紛失した場合、生協電子マネーの残高はどうなりますか。(2017.4.1)
A.ICカード再発行手続きとは別に、同志社生協組合員センター(TEL:075-251-4430)での手続きが必要です。また、再発行後は、新カードを同志社生協組合員センターへ持参していただき、生協電子マネー利用再開の手続きをしてください。
Q.
紛失したICカードが見つかりましたが、そのまま利用できますか。(2017.4.1)
A.再発行手続き後は、旧カードは失効するため利用できません。再発行手続きはされておらず、利用停止のみ申請されている場合は、 ITサポートオフィス で利用再開手続きをすることでICカードを継続して利用できます。
なお、生協電子マネーをご利用の場合は、同志社生協組合員センター(TEL:075-251-4430)で別途、利用再開の手続きをしてください。
Q.
ICカードを拾得しました。どうすればよいでしょうか。(2017.4.1)
A.お手数ですが、拾得されたカードの種類に応じて、下記までご連絡をお願いします。
学生証の場合: 所属の各キャンパス教務センター又は、学部・研究科事務室
社員証・身分証の場合: 人事企画課
利用者証の場合: ITサポートオフィス
Q.
ICカード利用者証は、図書館の入館および資料の貸出に利用できますか。(2017.4.1)
A.図書館の利用には、ICカード利用者証が必要です。ICカード利用者証がない場合は、所属の学部・研究科・センター等事務室までご連絡ください。
Q.
ICカード利用者証は、建物入館(入室)用のカードとして利用できますか。(2017.4.1)
A.建物入館(入室)用カードにつきましては、所管部署ごとに取り扱いが異なります。、所属の学部・研究科・センター等事務室にてご確認ください。
Q.
ICカード利用者証は、身分証明書を兼ねていますか。(2017.4.1)
A.利用者証は、主に本学情報環境をご利用いただくためのカードであり、身分証明書ではありません。身分証明書が必要な場合は、別途 人事企画課 にお申し出ください。
Q.
ICカード利用者証はどのように利用できるのですか。(2017.4.1)
A.ICカード利用者証には以下のような機能があります。

  • Webシングルサインオンサービス
    重要なシステムを利用する場合には、ユーザIDとパスワードを用いたユーザ認証に加え、ICカード利用者証裏面のマトリクス表を利用した認証によって、より厳格に本人確認を行っています。

  • 生協電子マネーの利用
    同志社大学生協ではキャッシュレスで支払いができます。生協電子マネーへのチャージは、専用チャージ機、生協店舗レジ、生協組合員センターで可能ですが、事前に生協組合員センターで手続きが必要な場合があります。詳細は、同志社生協今出川組合員センター(TEL:075-251-4430)へお尋ねください。

その他、施設の入退チェック、機器の利用や貸出等にもICカード利用者証の機能を利用しています。
Q.
ICカード利用者証で、マイク卓を利用できますか。(2017.4.1)
A.ICカード利用者証でAV卓を起動すると、連動してマイク卓も起動され、利用可能となります。対象教室は各教室設備の詳細をご覧ください。