こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 情報教育環境ナビゲーションホーム
  2.  > ご利用にあたって
  3.  > 利用規程・申合せ
  4.  > WWW公開用サーバ利用要領

利用規程・申合せ

WWW公開用サーバ利用要領

1998年3月13日
2001年3月8日
2003年3月13日
2008年3月13日
2009年4月1日
改正 2015年2月28日

目的

1.
この要領は、本学の情報公開を促進するために設置するWWW公開用サーバ(以下「サーバ」という)の利用および運用に関する必要な事項を定める。

利用者の資格

2.
サーバを利用してwwwによる情報公開を利用できる者は、次のとおりとする。
  1. 本学学部、研究科、研究所等の教育研究組織
  2. 本学専任教員
  3. 本学専任教員が指導する研究室・ゼミ・授業
  4. その他、全学情報セキュリティ統括責任者(以下「全学統括責任者」という)が認めた者

利用の手続き

3.
サーバを利用しようとする者は、以下の手続きに従う。
  1. 「WWW公開用サーバ利用申請書」を全学統括責任者に提出し、承認を得なければならない。利用申請に際しては、本学専任教員が利用責任者として申請すること。
  2. 利用が認められた後、原則として3ヶ月以内に本学のホームページへのリンクについて所定の手続きを行うものとする。

利用の詳細

4.
利用は、原則として以下のとおりとする。
  1. 利用申請毎のディスクスペースの割り当てについては別に定める。 また、サーバへアクセスするためのアカウントは、1利用申請につき1つとする。
  2. コンテンツの編集は利用者の環境において行い、完成したものをサーバへアップロードする形で作成することを原則とする。
  3. サーバ上のソフトウェアについては別に定める。利用者が独自のソフトウェアを導入し利用することはできない。

公開内容と管理責任

5.
公開内容および管理責任は、原則として以下のとおりとする。
  1. サーバで公開する情報については、それぞれの教育研究活動の主題に沿った内容であることを原則とする。
  2. 利用責任者は、それぞれのコンテンツの管理責任も負うものであり、ホームページには利用責任者名を明示して、その責任の所在を明らかにする。

利用の停止、情報公開の停止

6.
利用および情報公開の停止については、以下のとおりとする。
  1. サーバの利用承認後、3月を経過しても本学のホームページへのリンクについての申請が行われない場合、あるいはサーバの利用内容に問題があると判断された場合には、サーバの利用を取り消すこともある。また、社会的に問題とされる情報や、ネットワーク上のマナーに反する情報が発見された場合には、「インターネット利用要綱」、および「ネットワーク利用要綱」に照らして、必要な措置を取るものとする。
  2. サーバの利用期限をすぎたものについては、その情報を削除し、公開を停止する。

要領の改廃

7.
この要領の改廃は、部長会の審議を経て、学長が決定する。

附則

1.この要領は、2015年4月1日から施行する。
2.この要領に定めるもののほか、サーバの運用・管理に関する必要な事項については別に定める。