こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 情報教育環境ナビゲーションホーム
  2.  > ご利用にあたって
  3.  > 利用規程・申合せ
  4.  > WWW公開用サーバ利用上の注意

利用規程・申合せ

WWW公開用サーバ利用上の注意

1998年3月13日
2001年4月1日
2002年4月1日
2003年4月1日
改正 2009年4月1日
情報企画課
  1. この申請により、サーバシステムを利用して情報公開を行おうとする者 (以下「利用責任者」という)は、専任教員でなければならない。利用責任者はサーバの利用に関して責任を持つと同時に、公開するコンテンツに対する一切の責任を負うものとする。

  2. 1申請につき、1つのアカウントを付与する。アカウントは、原則として申請書提出の2業務日後に交付する。

  3. 授業による申請については、当該年度末をもって利用終了とする。その他、利用終了予定の記入がない場合、利用申請者の退職等本学の籍を失った時点で利用停止とする。利用期限を過ぎた時点で、公開を停止し作成された情報を削除する。

  4. 1申請につきディスクスペース100Mバイトを上限として利用を認める。ただし、学部・学科や授業など、大量の情報の公開を行う場合には、利用責任者との相談により、300Mバイトを上限として、必要に応じた割り当てを行う。

  5. 複数の利用者が共同してコンテンツを作成する場合、利用責任者は、アカウントおよびパスワードに関する管理体制を明確にすること。

  6. コンテンツ管理は、学内および本学へのリモートアクセス接続環境でのみ許可する。外部からのアクセスは認めていないので注意すること。

  7. HTMLの作成は、利用者各自の環境で行い、完成したコンテンツをサーバへアップロードすることとする。

  8. 本サーバでは、同志社大学学術情報ネットワークシステムが提供している以外のCGI、SSI等のプログラム使用を認めない。

  9. 利用が認められた者は、各自のホームディレクトリにある、"public_html" ディレクトリの中に公開する情報を格納する。第1ページは、"index.html" とすること。公開中の情報は、http://www1.doshisha.ac.jp/~[アカウントID]/index.html で参照可能となる。

  10. サーバにアップロードされたデータの保全は保証されない。利用者は万一の事態に備え、必要なファイルのバックアップ等を適宜行うこと。

  11. 公開する内容は、著作権その他、社会的に問題となるものや、ネットワーク上のマナーに反する行為は、一切禁止する。また、教育研究を目的とした学術情報ネットワークの主旨に反する商業行為(特定企業・商品などの商業的な宣伝、特定商品の性能試験結果等)は禁止する。

  12. 本サーバの利用を認められた者は、速やかに情報公開を行うこと。3ヶ月以内に本学ホームページへのリンクについて所定の手続きを行わなければならない。

  13. このサーバ上では、メールの利用は認めていないので注意すること。