こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 情報教育環境ナビゲーションホーム
  2.  > 施設・設備について
  3.  > パソコン環境(施設・設備:全校地)

パソコン環境

  • 全校地

施設・装備

1.パソコン設置場所

情報教室パソコンを設置している教室のことです。開室時間中で、
授業が行われていない時間は自習利用することができます。
PCコーナー開室時間中はいつでもパソコンを利用することができます。

2.施設・設備

学内では下記の施設においてパソコンを利用することができます。また、今出川校地・京田辺校地・大阪サテライトキャンパス・東京サテライトキャンパスに設置しているパソコンは、一部利用できるソフトウェアの違いはありますが、同一のユーザID・パスワードで同様に利用することができます。

3.CALLシステム(CaLabo/WingNet)について

CALLとは「Computer-Aided Language Learning」の略です。
今出川:N地3, RY314, RY315, S地1, S地9
京田辺:JM203, JM204, JM205, JM206
の教室に導入しています。

学生の皆様へ
CALLシステムとしてCaLabo/EXが利用できます。CaLabo/EX導入教室ではヘッドフォンとマイクが一体となったヘッドセットを配備しています。Webページのストリーミング素材や様々な教材・メディアを用いた外国語の聞き取り学習や、マイクを用いて自分の発音の確認などが可能です。

教員の皆様へ
CALLシステムとしてCaLabo/EXが利用できます。WingNetも引き続き利用できます。
CaLabo/EXを利用することで、学生のPC画面のモニタリング、ヘッドセットを利用してのマイク音声のモニタリングはもちろん、アナログ/デジタルデータを問わず音声・画像・動画等のあらゆる教材をネットワーク経由で学生PCへ配信できます。また、語学学習に必要とされるペア/グループレッスンも可能です。
WingNetでも学生画面のモニタリングやPCの利用制限ができ、学生の動きを確認しながら授業を進めることが可能です。